トップページへ戻る
コンセプト
曽根崎店
東通り店
北新地店
ちゃんこ長田店
森本吉在門上六店
2009求人情報
ネットご予約
吉在門は食の安心・安全をお約束します
会社案内 ご予約はこちら 個人情報の取り扱い まぐろのお話 トップページ


鯨のお肉は高たんぱく・低カロリー・低脂肪。理想的な食材といわれています。鯨の赤身は、鉄分にしてマグロの2〜3倍。コレステロールは牛肉の2/3しかありません。この様に鯨肉は、一番の栄養源であり、先祖代代から受け継がれた伝統のある食品です。だからこそ、 美味しいのです。

ここで、みなさんに問題です!魚偏に京でなぜ「くじら」と読むのでしょうか?
数字の単位で「兆」の上をご存知ですか?数字の世界では「けい」と言い、「兆」の上の単位がこの「京」なのです。昔はこの京(けい)が、一番大きな数字の単位だったのです。地球上で一番大きな生き物が「くじら」なので、これにあやかったのでしょう。哺乳類ですが、海の生き物なので、魚偏に京と書いて「鯨」となったと伝えられています。

そこで今回は「鯨」の雑学をご紹介します!
高たんぱく・低カロリー・低脂肪と言われますが、下記の表をみてください。

■ 鯨肉の栄養分比較 ■


脂質
(g)

エネルギー
(kcal)

たんぱく質
(g)

コレステロール
(mg)

ビタミンA
(μg)

ビタミンB1
(mg)

鯨 肉 0.4 106 24.1 38 7 0.06
牛 肉 25.8 317 17.1 72 2 0.07
豚 肉 5.6 150 22.7 61 4 0.80
鶏 肉 4.8 138 22.0 77 17 0.10
科学技術庁 資源調査会編5訂 日本食品標準成分表より(100g当り実測値)


 ◆高タンパク質なんです!
鯨肉はタンパク質含有量が、鯨の赤肉では、24.8%、尾肉では23.9%と獣鳥肉の中では特に多く、大変質の良いタンパク質を含んだ食品です。

 ◆鯨の脂肪成分は成人病予防にバッチリ!
鯨肉は多価不飽和脂肪酸を多く含み、成人病予防の食物として魚介肉に匹敵します。
飽和脂肪酸を多量にとると血液中のコレステロール値を上げ、動脈硬化や心臓病の原因となります。一方、不飽和脂肪酸は逆に血中コレステロール値を下げる作用があります。エイコサペンタエン酸(EPA)は血液の凝固を抑制し、血管系の病気の予防に効果があります。また、EPAは、発癌の予防効果も認められています。
近年、ドコサヘキサエン酸(DHA)は脳を活発化し、学習能力を上げる効果がネズミで認められ、最近頭が良くなる脂肪酸として注目されています。鯨肉、魚介肉にはEPAやDHAがたくさん含まれています。

 ◆鉄分の良い供給源です!
鉄分は体組織に酸素を運搬する大切な役割があり、鉄分の欠乏は貧血の原因となるので食物から鉄を摂取する必要があります。
最近、若い女性の間に誤ったダイエットが原因となっている栄養性の貧血があります。鯨肉100g中には、鉄が赤肉で8.5mg、尾肉で5.6mgと食肉中では、馬肉と同じく著しく多い。しかも、鉄の形態が最も吸収されやすいミオグロビン鉄と呼ばれる有機体の形となっており、このことからも、鯨肉は鉄の大変良い供給源となっています。

 ◆コレステロールの含有量が比較的少ないんです!
コレステロール含有量の多い脂肪をとっていると、心筋梗塞のような虚血性心疾患にかかりやすくなります。鯨肉はコレステロール含有量が比較的少くなく、ナイアシンが比較的多く含まれています。このナイアシンが欠乏すると皮膚炎をおこします。

 ◆アレルギー性疾患を持つ人にも安心!
住環境や食環境の悪化からアレルギー性疾患を持つ人が増えています。このような状況の中で、鯨肉はアレルギー症状を起こす事が少なく、安全な貴重なタンパク源と考えられています。

 ◆鯨は汚染物質がほとんどないんです!
捕獲調査によって採取されたミンク鯨の内臓の分析によって、有機塩素化合物や重金属の蓄積はほとんどなく、他の動植物に蓄積する有害物質の安全基準以下であることがわかっています。
鯨類の汚染実態調査結果の要約

PCBs(ppm)

総水銀(ppm)

メチル水銀(ppm)

部位

筋肉

脂皮

筋肉

脂皮

筋肉

脂皮

ミンク鯨
(南氷洋)

0.0002

0.058

0.027

未分析

未分析

未分析

ミンク鯨
(北西太平洋)

0.03

1.8※

0.20

0.0

0.12

未分析

ニタリ鯨
(北西太平洋)

0.02

0

0.05

未分析

0.03

未分析

※暫定的規制値を超える数値
出典「鯨由来食品の有害化学物質によるヒト健康に及ぼす影響に関する研究」(平成13年度厚生科学特別研究


このように「ヘルシー」「安心・安全」なお肉の「ハリハリ鍋」はいかがでしょうか?

★続きまして「まぐろのお話」はいかがですか?★
会社案内 ご予約はこちら 個人情報の取り扱い まぐろのお話 トップページ